アルバイト 派遣社員 専業主婦

アルバイト・派遣社員・専業主婦でも申し込める

 

学生

 

住宅ローンや自動車ローンはある程度の収入がないと借りることができません。
そのためカードローンも同じように自分には借りられないと思っているひとがいらっしゃいます。

 

カードローンならアルバイトや派遣社員、専業主婦の方も申し込みができます。

 

カードローンを取り扱っているのは主に消費者金融銀行ですが、それぞれに違いがあり収入のない専業主婦は銀行のカードローンに申し込むことができます。
どんな違いがあるのか専業主婦が銀行のみ申し込めるのはなぜかについてお話していきましょう。

 

 

消費者金融と銀行のカードローンの違い

 

インターネット申し込みや即日融資といった便利なサービスは多くのカードローンで提供されています。
良いサービスがは集客につながり消費者金融でも銀行でも取り入れようとしますので差がなくなってきているのが現状です。

 

大きな違いを挙げるなら・・
消費者金融は豊富なノウハウを活用したスピーディーかつ柔軟な審査銀行は安定を重視して低い金利での貸し付けが可能ということが特徴といえます。

 

 

消費者金融

銀行

金利目安

上限金利18%
(無利息期間あり)

上限金利15%

限度額目安

500万円まで 1000万円まで借りられるところも

審査のスピード

早め 遅め

審査の柔軟度

柔軟 厳しめ

 

 

 

主婦が申し込めるのは銀行、それってなぜ?

 

消費者金融と銀行でもうひとつ大きな違いがあります。
それは適用される法律の違いで、消費者金融は「貸金業法」銀行は「銀行法」となります。

 

消費者金融の業務を定めている貸金業法には総量規制という制限があり、貸し付け(借り入れ)できる総額は年収の3分の1までと定められています。年収300万円のひとはA社に60万円の借り入れがあるとあと40万円までしか借りられないことになっています。

 

収入のない専業主婦はどうなるでしょう。そうです、借りられないのです。

 

銀行は総量規制の対象外ですので専業主婦にも申し込めるカードローンがあります。専業主婦は選択の幅が狭まりますが、どこにも申し込めないわけではありませんので安心してください。

 

アルバイト、派遣社員で安定した収入のあるひとなら消費者金融、銀行どちらのカードローンも申し込むことができます。

 

主婦


このページの先頭へ戻る