審査 柔軟 消費者金融 カードローン

審査が柔軟な消費者金融カードローン

 

金利の低さでは銀行のカードローンにかなわないのが実状ですが、審査の柔軟性やスピード感などは消費者金融ならではといえるでしょう。銀行とは審査基準が異なるため銀行の審査に通らないひとも消費者金融なら利用できるケースがあります。
審査に不安があるようでしたら消費者金融も検討してみましょう。

 

 

消費者金融の大手3社「モビット」「アコム」「プロミス」について検証していきたいと思います。どこも即日融資が受けられますのでお急ぎのときにも対応できます。

 

急ぎ

 

三井住友銀行グループ「モビット」

 

ホームページで1秒で簡易審査の結果が確認でき、本審査時間は最短30分という速さ。インターネットから申し込みをした後フリーダイヤルへ連絡すると急ぎの融資に対応してもらうことができます。
WEB完結申込なら電話連絡や郵送物なく利用を開始することも可能です。ただしカードが発行されないためATMからの借り入れ・返済はできません。また三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に普通預金口座があり社会保険証か組合保険証を持っているという条件がありますので国民健康保険証の自営業者などはWEB完結申込できません。

 

借入時の振込手数料は無料ですが提携ATMの利用手数料は利用者負担です。また口座引き落としによる返済が選べるのは三井住友銀行か三菱東京UFJ銀行に口座を持っているひとのみで、提携ATMの利用手数料が無料ではないので残念ですね。利息0円期間がないのもマイナスポイントといえるでしょう。

 

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ「アコム」

 

初めての利用時に限りますが最大30日間(契約日の翌日から30日間)金利0円で利用できます。審査も最短30分で融資までの速さに定評があります。インターネットバンキングを利用すれば申し込みから借り入れ・返済まですべてインターネットで済ませることも可能です。

 

借り入れや返済に提携ATMを利用するときには利用手数料がかかりますので提携ATMをメインに利用しようと考えているひとには負担が大きく感じるかもしれません。

 

 

三井住友銀行グループ「プロミス」

 

他社同様即日融資にも対応していますし、初めて利用するひとでメールアドレスを登録しWeb明細サービスを申し込めば30日間無利息で借りられます。借り入れ翌日から30日間が無料になるのはアコムよりも有利といえます。

 

基本的に提携ATM利用手数料がかかりますがポイントサービスの利用で一定期間無料にすることもできます。とはいえずっと無料とはいかないので提携ATMの利用が多いひとにはマイナスポイントですね。

 

 

 

消費者金融は総量規制の対象です

参考

消費者金融の業務について定めている貸金業法という法律で“年収の3分の1を超えた貸し付け(借り入れ)ができない”ように規制されています。年収の3分の1を超えた借り入れを希望する場合や収入がないひとについては銀行のカードローンをおすすめいたします。

 

 

 

 

モビット

アコム

プロミス

金利(年率)

4.8〜18.0%

4.7〜18.0%

4.5〜17.8%

最高限度額

500万円

申し込み方法

・インターネット
・ローン契約機
・郵送
・電話

・インターネット
・自動契約機
・窓口
・郵送
・電話

・インターネット
・自動契約機
・ローン契約機
・窓口
・郵送
・電話

収入証明書

希望金額により必要な場合がある(具体的には明記されていない) 他社を含めた借り入れ総額100万円を超えるor50万円を超える契約をする場合必要

借入方法

・口座振り込み
・提携ATM

・口座振り込み
・店頭窓口
・ATM
・提携ATM

・口座振り込み
・店頭窓口
・ATM
・提携ATM

返済方法

・口座引落とし
・振り込み
・提携ATM

・インターネット振り込み
・口座引き落とし
・振り込み
・店頭窓口
・ATM
・提携ATM

・インターネット振り込み
・自動引き落とし
・振り込み
・店頭窓口
・ATM
・提携ATM

 


このページの先頭へ戻る